伝統若狭塗

若狭塗は、小浜藩の御用塗師・松浦三十郎が中国渡来の漆器をヒントに、海底の様子を意匠化したのが始まりだと言われています。
江戸中後期は若狭塗の黄金時代で、「箔押し」「研出し」「螺鈿」「蒔絵」など200種類以上にも及ぶ塗りの手法が完成しました。その若狭塗の伝統に敬意を表しつつ、現代のライフスタイルやインテリアにも合うようにアレンジしたのが兵左衛門の若狭塗箸です。
漆を何層にも塗り重ね、丹念に磨き上げたお箸は芸術品とも言える美しい仕上がり。
漆特有の雅やかな艶をお楽しみください。

伝統若狭塗

10商品

  • < 前
  • 次 >
10件 1-10表示
  • <
  • 1
  • >
10件 1-10表示
  • < 前
  • 次 >
兵左衛門の桐箱ギフト

カテゴリーで探す

兵左衛門のお箸のこと 手に合うお箸のサイズ
ラッピング・熨斗
はしながおじさんプロジェクト 実店舗のご案内

営業日カレンダー

2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
赤はお休みです。
「発送業務」「ご注文確認メールの送信」「お問合せへの返信」等もお休みしておりますのでご了承ください。
東京2020公式ライセンス商品 普段使いの箸
箸のはしばしバナー
follow us on Instagram フェイスブックページへバナー