自分サイズを知っておきましょう

お箸やお碗に見られる「男サイズ・女サイズ」。これは江戸時代に作り出された決まり寸法で、その頃の男女の身長と手の平均サイズがもとになっています。しかし、今となっては男女の体型比が一様だとは言えなくなったため、手の大きさに合ったお箸選びが大切です。
まずは下記の方法で自分サイズを測ってみましょう。

手に合うお箸のサイズは「一咫半(ひとあたはん)」

箸は使う人の手の大きさにあったものが一番持ちやすく、見た目のバランスも美しくなります。
手に合う箸の長さは「一咫半(ひとあたはん)」。
親指と人差し指を直角に広げた長さが「一咫」。一咫の1.5倍が「一咫半」です。

※使い心地には個人差がございます。
自分サイズを元に、使いやすい長さや太さのお箸を探してみてください。

お子様にこそ手の大きさに合ったお箸を


特に、お子様の小さい手に大きすぎるお箸では、正しいお箸使いを身に着けられません。
靴を買い替えるように、お箸も手の成長に合わせてこまめに変えてあげることをおすすめいたします。


あらゆる手の大きさに対応したお箸をご用意

兵左衛門では、手の大きさに合わせた様々なサイズのお箸をご用意しております。
12サイズから選べる「サイズ箸」や、親子でお揃いの「親子箸」などおすすめです。

営業日カレンダー

2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
赤はお休みです。
「発送業務」「ご注文確認メールの送信」「お問合せへの返信」等もお休みしておりますのでご了承ください。
普段使いの箸